様々な原因により失うことになった歯の治療方法には、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。
歯の削る量が多くなるブリッジや外科的手術が必要で治療期間が長くかかるインプラントは患者様にとって精神的にかなりのダメージがあるのは否定できません。
その点入れ歯は治療期間が短く費用が安いという長所があります。
歯の削る量も最小限ですし短期間で入れ歯が作製できます。
但し入れ歯を装着すると慣れるまでは時間を要します。もっとも重要なのが装着してからの入れ歯調整です。
たいていの患者様は入れ歯を装着すると違和感による発音障害や食事時の痛みが出る場合が多くみられます。
当院では患者様が違和感が少なく痛みがなく噛むことができるまでしっかりと調整させていただきます。
入れ歯に関する事なら何でもお気軽にご相談下さい。


 

保険の入れ歯と自費治療(金属床)の入れ歯の違い
金属床の入れ歯は保険の入れ歯とちがい厚みをかなり薄くする事ができるので異物感が少なく発音障害があまり出ません。それと金属床は熱の伝導にも優れているので、食べ物の温かさや冷たさをしっかり感じとることもできます。

 


 

 

ノンクラスプデンチャ―は保険の入れ歯と違い金具のバネ(クラスプ)がないので口元に自然な感じを与え、審美的に非常に優れた入れ歯です。他人に入れ歯を装着している事を知られたくない方に適しています。
但し症例によっては作製ができない場合もあります。

 


 



〒590-0155 大阪府堺市南区野々井65-1