むし歯治療


むし歯は細菌による感染症であり、放置すると歯を削る量が増えたり、かなり進行してしまうと痛みなどの症状を伴い、歯の神経をとらなければならない場合もあります。そのようにならないためにも早期発見・早期治療が大切です。

 

ごく初期のむし歯で歯の表面が白く濁る程度です。痛みなどの自覚症状はない状態です。

[治療法]
適切なブラッシングやフッ素塗布などで治療


 

歯の表面(エナメル質)のみが溶け出している状態です。
歯が少し茶色っぽくなりますが、自覚症状はない状態です。

[治療法]
むし歯の部分を削り、レジン(プラスチック)の詰め物での治療


 

歯の表面がさらに溶け出し、象牙質までむし歯が進行した状態です。
冷たい物がしみる等の自覚症状が出てきます。

[治療法]
むし歯の部分を削り、範囲が大きければ金属の詰め物で
範囲が小さければレジン(プラスチック)の詰め物で
治療します。


 

むし歯がかなり進行した状態で、かなりの痛みを感じるようになります。

[治療法]
むし歯を削り、神経を除去する治療(根管治療)を行います


 

むし歯が歯根まで進行した状態で、神経が死んでいるのでそのまま
放置すると細菌感染により膿がたまり激しい腫れや痛みが出てきます。

[治療法]
抜歯を行い、入れ歯やブリッジなどで歯を補います。


 

むし歯は初期段階ではそれほど自覚症状がないので、予防歯科(定期的な検診)が重要になってきます。

 

 



〒590-0155 大阪府堺市南区野々井65-1